ナンクル力学系

学んだ事を書き連ねていこう。

Archive for September 2009

ローカルで作ってたお勉強用のwikiっぽいものをアップした

leave a comment »

  • 巨人の肩の上へ/tkf’s Brain Dump
  • 今見て,役に立ちそうなやつは Fokker–Planck 方程式と自己相関関数の話くらいかなあ.

    ちなみに, Sphinx (日本語サイト) っていうドキュメント生成システムを使っている.気に入っている点:

    • reSTを使ってかける
    • wikiと違って ローカルでサクサク見えるから
    • javascript を使った検索機能
    • 数式かける
    • コードハイライト

    ソースは github で公開している(arataka’s note at master – GitHub). Wiki みたく編集の履歴がとれないのをこっちでカバー.

    今から内容増えるかは不明w 量子力学要らない非物理屋さんのための統計力学とか書きたいんだけどなあ.

    Written by tkf

    September 26, 2009 at 12:28 am

    Posted in 研究日誌

    Tagged with ,

    PySmell で標準ライブラリ用の PYSMELLTAGS を作る

    leave a comment »

    pysmell /usr/lib/python2.5/ -o ~/PYSMELLTAGS とやると重すぎて使えなかったけど, pysmell /usr/lib/python2.5/ -x site-packages test -o ~/PYSMELLTAGS とやるとまともな速度で動いた.

    ただ, os. とかの補完はちゃんと効かないっぽい? os.py のソース見てみたら 解析が難しそう(動的に読み込んでいる)感じだったから,それが原因かな?

    参考

    Written by tkf

    September 24, 2009 at 3:18 pm

    Posted in PC

    Tagged with , ,

    GNU screen でヘルプコマンドを読むときに使う –help|less を一発入力

    leave a comment »

    bind ^H stuff "--help 2>&1 | less"
    

    .scrrenrc などに書く.

    • sutff STRING で, STRING をキーボードから入力した場合と同じことに.
    • 2>&1 で,標準エラー出力も less へ.

    Written by tkf

    September 24, 2009 at 12:58 pm

    Posted in PC

    Tagged with

    英辞郎 IV (CD版) のデータを rdic で使えるように変換する方法

    leave a comment »

    ちょっと前に書いたメモだけど.rdic のおかげで英語の文章書いたり論文読んだりが Ubuntu だけで出来るのはうれしい.

    • Linux で使えるむちゃくちゃ便利な辞書 rdic を使いたい.
    • 英辞郎 IV (CD版) を使うとなぜか変換ミスるのでどうにかしたい.

    PDIC1行形式へ書き出す

    • Personal Dictionary (PDICU.EXE) を起動
    • File > 辞書設定(詳細) > 辞書一覧の辞書の上で右クリック > 辞書の変換 > 変換形式をPDIC1行形式にして,ひたすら書き出す

    cnv2rdic.rb が対応している PDIC1行形式ファイルを作る

    出力されたテキストは,

    • エンコーディング: Shift_JIS (多分).
    • cnv2rdic.rb が対応しているのはセパレータが " : " のもの.
    • でも,英辞郎 IV は,セパレータが " /// " になってしまうみたい.

    変換用のシェル関数(関数にする必要ないけどw):

    cnv2colon () {
            for src in "$@"
            do
                    trg=`basename $src`
                    echo $trg
                    nkf -w8 $src | sed "s/ \/\/\/ / \: /" | nkf -s > $trg
            done
    }
    

    cnv2rdic.rb で変換した後,行頭に"■"を加える

    • コマンドを実行する環境の文字コードに注意!
      • 端末の文字コード
        • これとシェルの文字コードがあっていないと,コピペ出来ない!
        • gnome-terminal の場合: メニューバー > 端末 > 文字コードの設定 > EUC-JP を選択
      • 環境変数 $LANG
        • export LANG=ja_JP.eucJP; export LANGVAR=ja_JP.eucJP

    変換コマンド:

    srcpath=$HOME/fsp_disk/misc/eijiro4/pdic-1l-txt/cnv2colon
    ruby -Ke cnv2rdic.rb $srcpath/eijiro-112.txt | sort -k1,1 -t: -f | sed "s/^/■/" > eijiro-112.euc &
    ruby -Ke cnv2rdic.rb $srcpath/waeiji-112.txt | sort -k1,1 -t: -f | sed "s/^/■/" > waeiji-112.euc &
    ruby -Ke cnv2rdic.rb $srcpath/reiji-112.txt | sort -k1,1 -t: -f | sed "s/^/■/" > reiji-112.euc &
    ruby -Ke cnv2rdic.rb $srcpath/ryaku-112.txt | sort -k1,1 -t: -f | sed "s/^/■/" > ryaku-112.euc &
    ruby -Ke cnv2rdic.rb $srcpath/reiji-112.txt | sort -k1,1 -t: -f | sed "s/^/■/" > reiji-112.euc &
    

    実行環境を整える

    起動用スクリプト:

    #!/bin/sh
    export LANG=ja_JP.eucJP
    export LANGVAR=ja_JP.eucJP
    
    RD=${HOME}/misc/rdic/rdic-0.1.8
    DICD=${RD}
    VER=112
    DICS="\
    $DICD/eijiro-$VER.euc \
    $DICD/waeiji-$VER.euc \
    $DICD/ryaku-$VER.euc \
    $DICD/reiji-$VER.euc"
    
    gnome-terminal \
        --disable-factory \
        --window-with-profile=rdic \
        -e "$RD/rdic -b $DICS"
    
    • これに適当な名前をつけて実行権限をつければ(chmod u+x ファイル名)OK.
    • sudo ln -s ファイルへのパス /usr/local/bin/適当なファイル名(コマンド) とすれば, Alt + F2 で立ち上がる 「アプリケーションの実行」 で 補完が効くので便利.

    おまけ

    辞書ファイルの先頭部分を確認するための関数 (head して nkf で utf-8 に):

    hnkf-w8(){ head $1 | nkf -w8 }
    

    おまけ2

    ちなみに,emacs から英辞郎を使う場合にも,セパレータの変換は必要.

    参考

    Written by tkf

    September 24, 2009 at 9:46 am

    Posted in PC

    Tagged with ,