ナンクル力学系

学んだ事を書き連ねていこう。

複数のemacs設定ファイルを使い分ける方法

leave a comment »

あまりカッコいい方法じゃないかも。

普通のemacsとUbuntu 8.04でEmacs 23、日本語フォントもアンチエイリアス化で美しくで紹介されてるemacs23を使い分けたいので考えた方法。

まず、.emacsに加えて設定したいことを書いたファイルを別に用意。例えば、「.emacs-snapshot」に以下の設定を書く(↑のUbuntu 8.04でEmacs 23〜の設定まんまですみません。)

(set-default-font "Bitstream Vera Sans Mono-10")
(set-fontset-font (frame-parameter nil 'font)
                  'japanese-jisx0208
                  '("VL ゴシック" . "unicode-bmp"))

emacsは-lオプションでロードする設定ファイルを追加出きるので、bashなら.bashrcとかに

alias em23='emacs-snapshot -l ~/.emacs-snapshot'

を追加。

これで「em23」というコマンドで.emacsと.emacs-snapshotが読み込まれたemacs23が起動する。gnomeのランチャに「emacs-snapshot -l ~/.emacs-snapshot」を登録してもOK。

本当は全部emacs lispで書きたかったけど、emacsのバージョン調べて条件分岐して。。。というのをlispで書くためにlisp調べるのが面倒だったのは内緒。

Advertisements

Written by tkf

October 10, 2008 at 7:49 pm

Posted in PC

Tagged with

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: