ナンクル力学系

学んだ事を書き連ねていこう。

Emacsでipython

leave a comment »

アップデートされたUbuntu 7.10をインストールしてみると、Eamcsでipython使う設定が前にインストールした時と違うみたいだ。Emacsにはデフォルトでpython-modeがついてるので、ipythonは使わずにpython-modeだけ使うならなにもしなくて良いのだけれど、ipythonをEmacsから使いたいのでがんばってみた。結構時間がかかってしまったのでメモがてらまとめてみる。

まず、Emacsやpythonはインストールされているとして、ipythonとpythom-modeをインストール。

$ sudo apt-get install ipython

$ sudo apt-get install python-mode

このままEmacsを起動すると次のようなエラーが出てしまう。

file-error “Cannot open load file” “python-mode”

.emacsに次の設定を追加で書き込む。

;; python-mode設定
(add-to-list ‘load-path “/usr/share/emacs/site-lisp/python-mode”)
(setq auto-mode-alist (cons ‘(“\\.py$” . python-mode) auto-mode-alist))
(setq interpreter-mode-alist (cons ‘(“python” . python-mode) interpreter-mode-alist))
(autoload ‘python-mode “python-mode” “Python editing mode.” t)
(global-font-lock-mode t)
(setq font-lock-maximum-decoration t)

;; ipython設定
(require ‘ipython)

これでpython-modeのエラーも消え、ipythonも使えるようになる。 “/usr/share/emacs/site-lisp/python-mode”は、python-mode.elのあるパスなので、もし違う場合はそれを変更する。(fixing emacs “cannot open load file” errorsを参考にしましました。)他は、python-mode.elやipython.elに書かれてある設定と同じ。

あとは、補完機能が使えれば完璧なんだけどな。pycompleteとかあるんだけど使い方が分からない。

Advertisements

Written by tkf

November 2, 2007 at 3:08 am

Posted in programming, ubuntu

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: