ナンクル力学系

学んだ事を書き連ねていこう。

カノニカルアンサンブル三つ。

leave a comment »

今日はミクロカノニカルアンサンブル(の続き)、カノニカルアンサンブル、グランドカノニカルアンサンブルの三つをやった。最後のほうは結構適当にやったのでもう一度やらないといけないな。カノニカルアンサンブルとグランドカノニカルアンサンブルは、こんなに少ない情報から熱力学が組み立てられるのかとかなり面白かった。ただ、熱力学の知識をかなり忘れてたので面白みが半減した気がする。後期が始まるまでに復習したいと思った。

感動した式は、エネルギー揺らぎと定積熱容量をつなぐ式:

<E^2> - <E>^2 = k_B T^2 C_V

かな。 まだきちんとした理解には至ってないと思う。けれど、こういう一見なんで等しくなるか分からないような物理量がつながるというのは面白い。色々考える事も出来そうだし。

そういえば、気づけば後期まであと少ししかない。(と、昨日友達と電話してて気づく。 )

後期始まる前にやらねばならないこと:

  1. レポート(ゼミ)。
  2. 微分方程式の教科書を読む(ゼミ)。
  3. 微分方程式の存在と一意性の定理の証明(ゼミ)。

ゼミばっかだな。ちゃっちゃ終わらせなければ。

夏休みのうちにやりたかったけど… :

  1. 微分形式周辺についてもっと理解。 出来ればLieとかまで行きたい。
  2. 解析力学を、微分形式で体系的に理解。夏休み入るまえに大分やってたはずが。忘れてたら嫌だな。
  3. 論文を読み漁る。研究とはどんなものか、直接知りたい。

いや。まだ出来るはずだ。人間本気になれば一日一冊くらい読める。。。はず。

Advertisements

Written by tkf

September 15, 2007 at 10:23 pm

Posted in 統計力学

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: